2017/09/20

とちのみ保養応援団(栃木)より/「環境フェスタin湧水の郷しおや 」に出展します

(とちのみ保養応援団よりお知らせいただきました! 塩谷町は、町ぐるみで処分場に反対し、その中から、子どもたちへの保養活動を支持し、また甲状腺エコー検査にも取り組むなどの動きが出てきた貴重な自治体です。とちのみ保養応援団のスタッフなど、住民自らが、ずっと関わりつづけてきたことが大きいと思い、応援しています。 子ども全国ネット)

10月2日~9日、塩谷町で「環境フェスタin湧水の郷しおや 」が開催され、とちの実保養応援団も参加させていただくことになりました。

10月7日 「保養ってな~に?」保養についてお話するイベントと10月3日~6日、保養紹介コーナーのブースを設けることとなりました。

ぜひお立ち寄りくださいね。

























原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会より/インターネット署名および手記集販売のお知らせ

(原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会より署名および手記集販売の呼びかけをいただきました。 子ども全国ネット)

原発賠償京都訴訟 認めて!避難の権利  守ろう!こどもの未来
「公正な判決を求める要請署名」にご賛同ください!

http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/17kouseisaiban.html

インターネット署名をはじめました!
街なかで署名用紙に署名し損なった人、まだ間に合います!
私たち原告はすべての被害者への補償を求め
同じ過ちが再び繰り返されることがないよう
被害の実相と国・東京電力の加害責任を明らかにするために、
この裁判を起こしました

原発事故の実相と原告たちの命と向き合い
痛切な訴えに耳を傾け、適正かつ迅速な審理のうえ
正当な権利を実現する公正な判決を出されるよう強く要請します

インターネット署名はここから ↓
http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/17kouseisaiban.html

=========================


原発賠償京都訴訟原告団の手記集「私たちの決断 あの日を境に……」(耕文社、A5、128頁・著者割引価格1,000円)をご購入ください!

http://shienkyoto.exblog.jp/28141445/

みなさん 
原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会事務局の奥森と申します。
京都訴訟原告団の手記集「私たちの決断」が完成し販売を開始しています。
ぜひ、お買い求めください。

支援する会のウェブサイトからメールで申し込めます。
http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/17kouseisaiban.htm

また、添付の申し込み書によりファクスでも申し込めます。
ぜひ、ご購入ください!



原告の手記集「私たちの決断 あの日を境に……」
原発賠償京都訴訟原告団 編 耕文社、A5、128頁

福島の原発事故を忘れたかのように原発の再稼働が進むこの日本に生きる人々へ、道しるべのような一冊ができました!

当たり前の日常を送っていた福島県や近隣都県に住まう私たちが、原発事故で避難を決意し国と東京電力を訴えた理由、事故後の自然の変化、身体に起きた異変、家族との葛藤、原発事故からの避難の困難。

目の前に起こったこととこれからのこと……すべてをギュッと濃縮した本をぜひ手にしてください。

●構成
はじめに/弁護団からのメッセージ/原告の思い(24人)/支援する会共同代表からのメッセージ/原告の思い~アンケートから(8人)/支援する会スタッフからのメッセージ

●税込価格1,296円のところ、著者割引で1,000円でご購入いただけます。
※郵送の場合は別途送料が必要です。
2冊まで 200円、3~5冊 400円、6冊以上 無料

●申し込み方法
支援する会のホームページのメールフォームに必要事項を記入の上、送信してください。ご注文いただきましたら、こちらから確認のメールを差し上げます。その後、注文冊数を郵送させていただきます。
http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/17kouseisaiban.htm 

●連絡先
原発賠償京都訴訟原告団

 〒612-0066 京都府京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1
 コーポ桃山105 市民測定所気付
  FAX:075-622-9870
  E-Mail:shien_kyoto@yahoo.co.jp

2017/09/18

【報道リンクまとめ】9月16日(土)・17日(日)

【9月16日(土)】

野生キノコ 基準値超え 富士宮、放射性セシウム 静岡新聞
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/402620.html


【9月17日(日)】

宮城発 汚染廃棄物は各自治体の圏域処理に 試験焼却、住民理解が課題 - 産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/170917/rgn1709170041-n1.html

<一関市長選>原発事故汚染で「山の恵み」再生遠く 対策示せるか | 河北新報http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170917_33001.html





2017/09/16

【報道リンクまとめ】9月14日(木)・15日(金)

【9月14日(木)】

福島映像祭が東中野で16日開幕、劇映画や市民投稿作品、ローカルニュースなど上映 - 映画ナタリー
http://natalie.mu/eiga/news/248678

福島第1原発事故 6年半 福島の“その後”追い続け 写真家・中筋さん、県内避難者と懇談/石川 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170914/ddl/k17/040/255000c

復興断絶:東日本大震災6年半 つながりたい/5止 避難者と本音出し合う - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170914/ddm/041/040/137000c

仮設住宅供与を1年延長 県、原発避難者向け 福島県の要請で/新潟:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21087060T10C17A9L21000/

自主避難者 住宅支援、5市のみ 自治体議員の会調査 無償提供打ち切り後/千葉 - 毎日新聞 

https://mainichi.jp/articles/20170914/ddl/k12/040/338000c


【9月15日(金)】

被ばく医療学会、あす開催 放射線による事故・海外事例など紹介 日刊工業新聞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00443193

除染土の盛り土公開 福島、再利用に向け実験 http://www.sankei.com/photo/daily/news/170915/dly1709150011-n1.html

除染特別地域等における沢水等モニタリングの測定結果について/福島(平成29年8月採取分)EICネット
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=39629&oversea=0

楢葉の小中学校で初の原発避難訓練/福島  OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2168



2017/09/13

【報道リンクまとめ】9月12日(火)・13日(水)

【9月12日(火)】

東日本の避難者、実数把握困難 自治体集計に差異 神戸新聞
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201709/0010545982.shtml

<原発事故訴訟>家族離散の苦痛訴え「子を思う親だからこそ離れ離れに」 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170912_63032.html

野生山菜で事故後初 美里のコゴミ 出荷制限解除 福島民報
https://www.minpo.jp/news/detail/2017091245010


【9月13日(水)】

避難者「生活資金」が不安68%…過去最多 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamagata/news/20170913-OYTNT50054.html

原子力災害から子どもの命どう守る 松戸の幼稚園が企画、父母らに安定ヨウ素剤:千葉 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201709/CK2017091302000176.html

福島の被曝線量 チェルノブイリより「低い」 学術会議:朝日新聞http://www.asahi.com/articles/ASK9F3QLYK9FUBQU00J.html

野生キノコ 6年連続基準超え/山梨 山梨日日新聞
http://www.sannichi.co.jp/article/2017/09/13/00220977

2017/09/11

【報道リンクまとめ】9月11日(月)

【9月11日(月)】

北麓のキノコ 東京電力に賠償請求へ(山梨県) 日テレNEWS24

主食用米「天のつぶ」大幅増産へ 福島県が方針固める 福島民友

原発事故検証の「健康・生活委員会」が初会合(新潟県) 日テレNEWS24

鎌仲ひとみ監督より/ぶんぶんサポーターズクラブ、カノンだより、上映スケジュール、他

(鎌仲ひとみ監督よりお知らせいただきました。 子ども全国ネット)

 【1】 ぶんぶんサポーターズクラブが全国に広がっています!

ぶんぶんフィルムズを応援してくださっている
ぶんぶんサポーターズクラブのメンバーがどんどん増え、
HPやFacebookなども出来上がってきています。
会員向けイベントの企画なども進んでいるようです!
是非是非チェックしてくださいませ。

サポーターズクラブ公式HP:http://bunsapo.com/
サポーターズクラブ公式FB:https://www.facebook.com/bunbunsapo/

ぶんぶんサポーターズクラブが全国の市民をつなぎ、
大きなうねりをぶんぶんフィルムズと共につくりだしていってくれることを
スタッフ一同、心より期待しています。
みなさまも加わっていただければありがたいです。

――――――――――――――――――――――――
<ぶんぶんサポーターズクラブ公式HPより>
ぶんぶんサポーターズクラブ
開設初年度会員を募集いたします。
 鎌仲ひとみ映画はこれまで団体や個人の皆様からの
ご支援に支えられて制作・上映を行って参りました。
時代の大きなうねりの中で、小さくとも聞き逃せない声、
新しい道を拓こうとする取組みにスポットを当てて応援し続ける
ぶんぶんフィルムズをクラブメンバーとして
サポートしてくださいませんか。
個人・団体・法人等、お申込みを心よりお待ちしております。
―――――――――――――――――――――――――
ぶんぶんサポーターズクラブ事務局
E-mail:bunbunsapo888@gmail.com
TEL:080-2773-0181 (月~金/11:00~16:00/砂子)



 【2】 『カノンだよりvol.5』ご予約受付中!!

鎌仲ひとみの動画メルマガ「カマレポ」が50号を迎えました。
配信を記念し、これまでDVD未収録となっておりました映像の中から厳選して収録した、
DVD「カノンだよりvol.5」を9月1日(金)に発売いたします!

収録内容は、自主避難の住宅無償提供の打ち切り問題、関東圏での甲状腺エコー検査、
ドイツの自然エネルギーや保養の取り組みのレポートなど、多様なテーマを盛り込み、137分収録いたしました!!

特別収録には、世田谷タウンホールで行われた、映画『小さき声のカノン』にご出演くださった佐藤晴美さん、
女優の樹木希林さん、鎌仲ひとみ監督の自主上映会でのトークの模様をダイジェストに編集し、収録いたしました!

今、WEB SHOPで「カノンだよりvol.5」をご予約いただきました皆様には、
ぶんぶんフィルムズの季刊誌「八八八(ミツバチ)」の創刊号に鎌仲ひとみ監督のサイン付きで、先着にて差し上げます!

どうぞお早めにご予約ください!
ご予約はこちらから→https://bunbunfilms.official.ec/items/7745061


【DVD詳細】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
DVD
「カノンだよりvol.5」
出会った人々の言葉が、今も語りかけてくる。

【収録】
カマレポno.45 「3.11から丸6年、そして7年目へ。」
カマレポno.38 「エネルギーシフト最前線@フライアムト」
カマレポno.25 「自主避難家族ー高橋家の場合」
カマレポno.44 「自主避難者」への住宅提供打ち切り問題
カマレポno.36 「カノン ドイツを行く! ~保養の取り組み~」
カマレポno.42 「放射能から子どもを守る会@やちよ」
特別収録
カマレポno.40 「小さい声を上げ続ける 特別編集ver.」

●収録分数  137分/リージョンフリー/16:9/カラー/dolby digital
●上映会をお申し込みの方は、そのまま自主上映会にもご利用いただけます。

●価格       \3,240(税込)+別途送料
●発売日    9月1日(金)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「カノンだよりvol.5」の上映会を開いてみませんか?
 自主上映会は、初めて上映をするという方もたくさんいらっしゃいますが、その一つ一つの会で、
新たな人とのつながりや広がりが生まれていっています。

『カノンだより』シリーズは、初めての方も安心して、自主上映会にもお使いいただけるDVDとなっています。
日時や場所、参加条件が決まりましたら、簡単な上映お申し込みをしていただき、
上映会後にご参加人数×400円(税別)をご精算いただくかたちとなっていますので、
最初の予算組みなどが非常にハードルが低くなっています。

ぜひお気軽にお申し込み、お問い合わせください。

■自主上映会の詳細
URL:http://kamanaka.com/selfscreening/

■お問い合わせは
ぶんぶんフィルムズ上映部
info@kamanaka.com
TEL 03-6379-3938



 【3】9/1より 季刊誌「八八八(ミツバチ)」第2号の配布開始!


9月1日は防災の日。
防災の日に合わせ、ぶんぶんフィルムズの季刊誌
「八八八(ミツバチ)」の第2号を配布開始いたします!!

ぶんぶんフィルムズを支えてくださっている皆様に、最新のぶんぶんフィルムズからのメッセージをお届けする
季刊誌「八八八(ミツバチ)」。

防災の日に配布する今号の特集は、「原子力防災」です!

震災から6年を経て、私たちは次の原子力災害が起きた時に、十分な準備が整っていると言えるのでしょうか。
万が一の事故が起きた時に、少しでも被害を減らすために、私たちは何を知り、備えていく必要があるのか。


現在進行中の「原子力防災」という映像作品に込めた想いや狙いなどを
お伝えしております。

また、豪華なゲストミュージシャンをお迎えし行われた、6月の“THE FUTURE SESSIONS”、7月の“響きあうこころ”の
2つのイベントレポートや、その他、作品の最新レポートなど内容満載でお届けしております。
是非ご覧ください!


季刊誌「八八八」をご購読ご希望の方は、「ぶんぶんサポーターズクラブ」の仲間になっていただきますと、
「八八八(ミツバチ)」がお手元に届きます!

「ぶんぶんサポーターズクラブ」の詳細はこちらから→https://www.bunsapo.com/%E3%81%8A%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF/



 【4】上映スケジュール


近日開催される自主上映は以下の通りです。

○「小さき声のカノン」
・10月9日(月・祝)千葉県・八千代市/八千代市民ギャラリー
・12月16日(土) 静岡県・三島市/三島生涯学習センター 講義室

○「カノンだより」
・10月9日(月・祝) 茨城県・牛久市/牛久市中央生涯学習センター視聴覚室


○「内部被ばくを生き抜く」
・9月18日(月・祝) 東京都・西東京市/プラス・ド・パスレル

○「六ヶ所村ラプソディー」
・9月20日(水)長野県・佐久市/佐久穂生涯学習館「花の郷・茂来館」視聴覚室


※より詳細なスケジュールはこちら↓↓↓
http://kamanaka.com/theater/



☆ 鎌仲監督のこれからのスケジュール ☆

鎌仲監督、7月末から8月にかけては、久しぶりの九州で連続上映会でした。各地の主催者の皆様、ありがとうございました。
9月からは今年も渋谷のSW11での連続講座がはじまります。テーマは、エネルギーです。
これからは、「原子力防災」をテーマにした新作の取材、撮影に力を入れていく予定です。
上映会、講演会のお申し込みも、お待ちしております!


《2017年 9月》

9月4日(月) 【トーク】かまちゃんのエネルギー講座
SW11kitchen (東京都渋谷区)
http://sw11.biz/topics/

9月25日(月) 【トーク】
京都造形芸術大学
http://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/

9月26日(火)  【トーク】かまちゃんのエネルギー講座
SW11kitchen (東京都渋谷区)
http://sw11.biz/topics/

《2017年 10月》

10月9日(月・祝)【上映会・トーク】
八千代市市民ギャラリー (千葉県八千代市)
http://kamanaka.com/theater/area02/7288/

10月17日(火)  【見学ツアー】かまちゃんのエネルギー講座
蒲鉾屋さんが作るエネルギー見学ツアー
http://sw11.biz/topics/
https://www.instagram.com/p/BXYH5q9DBHX/

【報道リンクまとめ】9月8日(金)・9日(土)・10日(日)

【9月8日(金)】

復興断絶:東日本大震災6年半 つながりたい/1 誤解・妬み・震災いじめ つらい体験、私が伝える - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170908/ddm/041/040/168000c

<丸森再耕 原発事故を超えて>町が主導 不安解消図る | 河北新報http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170909_13064.html

福島産輸入緩和、再検討を 欧州議会委員会が決議:北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/130877

今月下旬にすき込み 汚染牧草処理で試験 加美町/宮城 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170908/ddl/k04/040/092000c



【9月9日(土)】

東日本大震災6年半:避難指示解除半年(その1)家族のぬくもり、取り戻す - 毎日新聞 
https://mainichi.jp/articles/20170909/ddm/010/040/002000c

就労・住まい・人間関係、双葉住民悩み浮き彫り 個別事情に即し支援必要 福島大調査/福島 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170909/ddl/k07/040/007000c


【9月10日(日)】

原発事故後の甲状腺がん 民間基金が再発に追加支援 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170910/k10011133891000.html

7年ぶり 実りの秋へ 米農家 やっと笑顔 福島・避難解除地域 日本農業新聞
https://www.agrinews.co.jp/p41866.html

はっぴーあいらんどネットワークより/ 10/28(土)・29(日)2017「はっぴーあいらんど☆フェスティバル」開催案内

(はっぴーあいらんどネットワークより、下記のお知らせがありました。 子ども全国ネット)

http://happy-island.moo.jp/happy_fes

日本各地から多様な人々が集まり、平和とは何かについて考え、その意見交換の場のひとつとして、歌や踊りをはじめアートを中心に年に1度、2日間開催しています

私たち「NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク」は、2011年から「はっぴーあいらんど☆フェスティバル」を開催しています。

ダンスや歌、演奏など、団体・個人問わず多様なジャンルの人々が、年に1度の2日間、祈り・舞い踊るために福島県猪苗代町に集います。

ステージのほかにも、原発事故後に考えざるを得なくなったさまざまなテーマについて共有する場としてトーク・意見交換のコーナーや、音楽と食事とともに楽しむ参加者の皆さんとの交流会などなど。人と人が顔を合わせることを大切にしてきました。

また、昨年から、「演劇プロジェクト」という新しい挑戦をはじめました。なぜ突然、演劇なのか、驚かれることも多いのですが、私たちにとっては6年間の活動と地続きのところにあります。演劇も、ひとつの手段です。

ますます不安定になりつつあるこの国で生きていく若者たちに、何を残せるのかを考え、平和な世の中がずっと続いていくことを心から願い、今年も第7回「はっぴーあいらんど☆フェスティバル」を開催します。



●開催日・開催時間●
2017年10月28日(土)10:00~18:00
2017年10月29日(日)10:00~17:00

●開催場所●
会場 猪苗代町体験交流館【学びいな】
〒969-3123 福島県耶麻郡猪苗代町鶴田141-1

●入場料●
無料
*はっぴーあいらんど☆ネットワーク 演劇プロジェクト「天福ノ島」のみ鑑賞チケット購入となります。

●問い合わせ●
事務局(鈴木) 090-5237-4312
事務局メールアドレス  happy.island311@gmail.com

●実施団体●
【主催】 NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク

【開催内容】

はっぴーあいらんど☆ネットワーク 演劇プロジェクト「天福ノ島」
戦争末期からさらに時代をさかのぼり、挑戦する題材は明治初期の自由民権運動!!自由と民権を求めることに青春の炎を燃やして走る、若者たちの姿を演じます。

10月29日(日) 12:30開場/13:00開演 大ホール
*チケット発売日 9月23日!!
詳細はコチラ はっぴーあいらんど☆ネットワーク演劇プロジェクトvol.2

舞い奏でる
各地から想いを寄せてくれる様々なジャンルの方々が集い舞い奏でます。

10月28・29日(土・日)
出演者募集中コチラ
詳細内容・出演者紹介 準備中

はぴふぇす☆ライブトークカフェ
原発事故後、それぞれの分野で取り組んできたゲストをお迎えし、より良い未来のために必要なことは何かを、みんなで考え共有する参加型カフェです。

10月28日(土)10:00~予定
ゲスト・詳細内容 準備中

出店・出展ブース
福島の元気を支えてくださる小売店や団体のブースや各地で活躍する手作り作家など多数出店


10月28・29日(土・日)10:00~予定
出店・出展者募集中コチラ出店・出展ブース紹介 準備中

交流会へのお誘い
各地から集まった皆様と、はっぴーな 大交流会 ♡ヽ(´ー`)ノ
1日目のエンディングに、みんなで更に交流を深めませんか?

10月28日(土)18:00~
詳細・参加申し込み 準備中

ボランティアスタッフ
共にフェスティバルを作り上げてくれる仲間を募集してます。
詳細は 準備中


宿泊のご案内
詳細案内 準備中

託児について
ゆっくりと楽しんで頂こうと今年は託児の人員を増やしております。
来場者・参加者・スタッフも含め託児希望の方は下記まで申込ください。
happy.island311@gmail.com

2017/09/09

【報道リンクまとめ】9月6日(水)・7日(木)

【9月6日(水)】

被ばく線量「はるかに低い」 第1原発事故、チェルノブイリと比較 福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170906-201823.php

福島以外7県の除染土処分 実証事業行い基準策定へ NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/k10011127071000.html

南相馬市での外部被曝線量、県外と「ほとんど差ない」 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK953SMPK95UBQU008.html

東日本大震災から6年半 関西避難者が交流会 苦労、希望分かち合う 産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/170906/wst1709060047-n1.html


【9月7日(木)】

<避難解除>「通学・通園する」32.2% 福島・葛尾村教委が意向調査 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170907_63035.html

柏崎刈羽原発 合格へ 市長「不安残る」 市民、冷静に受け止め/新潟 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170907/ddl/k15/040/113000c

原発本、薄れる興味 専用スペース設ける古書店が風化懸念 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017090702000243.html

<丸森再耕 原発事故を超えて>甲状腺検査 国支援なし 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1090/20170909_06.html





2017/09/05

【報道リンクまとめ】9月4日(月)・5日(火)

【9月4日(月)】

福島 楢葉町 避難指示解除2年 住民は4分の1以下に NHK NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/k10011127021000.html

福島県外、処分方法を検討 環境省・初会合 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170905/k00/00m/040/093000c


【9月5日(火)】

ボランティア:避難の子「第2の家」 大学生が学習室/横浜、川崎・神奈川  - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170905/k00/00e/040/242000c

福島第1原発事故 県外の汚染土、処分方法を検討 -9/5 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170905/ddm/008/040/117000c

2017/09/04

【報道リンクまとめ】9月2日(土)・3日(日)

【9月2日(土)】

<汚染廃>加美、色麻ですき込み実証実験 月内にも/宮城:河北新報http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170902_13019.html

<山形県>原発避難者対象 借り上げ入居1年延長 | 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170902_51047.html

小金高で基準値超え 空間放射線量 /松戸・千葉:千葉日報
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/435031

オリジナル県産米「天のつぶ」:増産続く 開発に15年 業務用に活路「大粒でおいしい」/福島 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170902/ddl/k07/020/113000c


【9月3日(日)】

【福島いのちの電話20年】避難者の悩み分かつ 震災と原発事故:福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170903-201113.php

ハス:試験刈り取り 水環境保全協が6日 生態系に悪影響懸念し 手賀沼/千葉-毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170903/ddl/k12/040/113000c

2017/09/02

【報道リンクまとめ】9月1日(金)

【9月1日(金)】

福島、除染土の盛り土が完成 再利用へ実証試験、環境省:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017083101001684.html

原発事故 福島の子に幼稚園留学を 16日京都でチャリティーコンサート/京都 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170901/ddl/k26/040/464000c

保護者「戻る」9世帯のみ 来春学校再開予定 富岡町教委の調査/福島 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170901/ddl/k07/040/171000c

放射性セシウム、震災前超え3種 浜岡原発周辺/静岡新聞
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hamaoka/397291.html