2017/03/26

養生プロジェクト in 滋賀 ~みんなでつくる保養~

養生プロジェクト in 滋賀 ~みんなでつくる保養~

 (現地担当:馬場 受け入れ窓口:ひとつぶてんとう園)


日程> 2017年4月29日~6月末日まで(期間の延長可)

場所> 滋賀県犬上郡多賀町大岡
    近江鉄道、多賀大社前駅より2km(徒歩30分)

新幹線ですと「米原駅」または「京都駅」にて下車、JRに乗り換えていただき「彦根駅」、高速バスですと「多賀サービスエリア」に来ていただきましたらお迎えに行きます。
  
対象> 東北、関東にお住まいで 

    ・未成年の子どものある家族
    ・妊娠中の方
    ・大人だけの滞在も相談可
   
    2週間以上2カ月以内滞在できる方 
    (滞在期間に関しましてはご相談ください。)
   
    放射性物質を体外に排出し免疫力を高める目的とした保養を考えており、
    長期間滞在できる方を対象としております。
   
    移住を視野に入れて下見も兼ねた保養をお考えの方もどうぞご利用ください。
    (移住家屋調査目的の方のため、司法書士による無料法律相談、有。)

受け入れ人数> 最大2組
 
プログラム> 自炊、洗濯など自立型の保養、基本的に自由行動です。
       いつもの生活をご自分のペースでしていただけることを願っています。

近江八幡市に拠点があります、自主保育 “ひとつぶてんとう園” の活動に参加いただくことが可能です。(火)(水)(木)ひとつぶてんとう園の活動はお子さんの年齢を問いません。大人だけでの参加も可能です。
  
費用> 滞在費 1家族1日 500円 (4月~11月)
               800円 (12月~3月)    

    現地までの往復の交通費、滞在中の生活費は各自ご負担ください。
    (お米、野菜などはみなさんの好意により集まるかもしれません。)
   
環境> 徒歩10分のところに町営図書館、資料館があります。
    直近都市の彦根は井伊大老の城下。また周辺に多賀大社、湖東三山などの、古刹、名所があります。

多賀町は鈴鹿山脈に抱かれた豊かな土地です。セルフビルドのログハウスで心のままに過ごしてください。隣接する “みんなでつなげる畑” で畑しごとも楽しめます。

    みんなでつなげる畑とは…
    前のひとが蒔いた種が大きくなって収穫のころかも。ぜひ召しあがれ♪
    次のひとのために種を蒔いてみませんか♪

放射性物質を持ち込まないためのこころみ>

放射性物質のある生活から離れ、からだを充分に養生し、免疫力を高めてほしいと願っています。
   
またログハウスを安心できる環境として保つことは重要なことと考えています。そのためにたとえば服や靴はこちらで用意させていただくなど、放射性物質を持ち込まないために守ってほしいひとつぶてんとう園独自のこころみをしています。保養を希望される方に詳細をお伝えしますのでお問い合わせください。
   
なお上記の観点から車での現地入りはご遠慮いただいています。必要に応じ、現地での自転車、シェアカーを用意いたします。

こころみに同意していただける方に来ていただくことになりますのでご了承ください。
参加されることが決まった方とは事前の打ち合わせをメール、お電話でさせていただきます。

そのほか> 本人確認書類として免許証など住所を確認できるものの写し(2通)を提出いただきます。保養当日にお持ちください。
      
保養期間中に甲状腺エコー検査等の健康診断を希望される方には医療機関を紹介いたします。必要な方は事前にお問い合わせください。

↓ ↓ ↓
ひとつぶてんとう園
https://www.facebook.com/nishimura.shizue
http://hitoten.net/

↓ ↓ ↓
お申込み、お問い合わせはこちらまで。
w23.91439@gmail.com
090-4070-8547
やまざきけいこ

4/1京都/うつくしま☆ふくしまin京都 第4回桜まつり&交流会


東日本大震災で京都府内に避難しているみなさまへ

うつくしま☆ふくしまin京都 第4回桜まつり&交流会

◆と き:2017年4月1日(土)12:00~15:00
◆ところ:桃山東合同宿舎集会所周辺(JR桃山下車)
◆参加費:大人500円、飲む人1,000円、大学生以下は無料です。

東日本大震災、福島第一原発事故から6年が過ぎました。みなし仮設住宅の無償提供の終了など困難な状況が続きますが、4回目となる「桜まつり&交流会」を桃山東合同宿舎集会所で開催します。

春の一日、飲んで食べて、楽しく交流したいと思います。ご家族そろってご参加ください。

+++++++++++++++++++++++++++++
当日の準備にご協力ください!

◆集合午前11時・合同宿舎集会所
◆内容機材搬入、会場設営、模擬店準備など

お酒や食べ物の差し入れ大歓迎です!みんなで楽しみましょう!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
桜まつりメニュー(予定)

・焼きそば、おでん、オードブルなど
・日本酒、ビール、焼酎、ソフトドリンクなど
(食べて、飲んで、楽しく語ろう)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都

〒612-0066 京都市伏見区羽柴長吉中町55-1
コープ桃山105号市民測定所内
http://utukushima.exblog.jp/
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp

3/30滋賀/ 川根眞也先生講演会 原発事故から6年後の放射能のこと

http://asunowa.shiga-saku.net/

川根眞也先生講演会 原発事故から6年後の放射能のこと

原発事故から6年がたちました。今どうなっているのか、なかなか伝わってこないように思います。そこで埼玉の理科の先生、川根先生をお迎えして 、 原発事故の現状、内部被ばくや 食や給食のことを主なテーマとして 学習しようと企画しました。滋賀では初の講演会です。午前中は先生のお話です。午後は質問時間をたっぷり設けます。被ばくの話がはじめての方も安心してご参加下さい♪

日時 3月30日(木)開場9時半 開演10時~要申し込み
場所 コミュニティーセンター野洲
http://www.city.yasu.lg.jp/sos

hiki/kouhouhisho/yasu_shisetsu/1450924221047.html

2階研修室1.2 先着60名 (JR野洲駅 徒歩5分 南出口 京都方面へ線路沿い) 駐車場あります。

参加費 500円

★午後は座談会形式の質問タイムです。15時位の終了を予定しています。お昼ご飯ご持参下さい。
★育児スペースを設けますので敷物や音の鳴らないおもちゃなどご持参ください。
★アースキッチンたまやさんの特製デトックス弁当 850円 注文承ります(〆3/22)
★資料準備のために参加される方は前日までに予約して下さるとありがたいです。

主催 ネットワーク あすのわ

連絡先mail:asunowa_kouenkaiあっとまーくyahoo.co.jp <http://yahoo.co.jp>
電話 080(6106)9401

なるべくメールがありがたいです。事務局には担当が不在ですので上記にご連絡下さい。

2017/03/24

3/24 避難の協同センターより/ 東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アクションに取組みます。

避難の協同センターより/
東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アクションに取組みます。
日時:3月24日(金)
   13:00~15:00   場所:東京都庁第一庁舎前
   17:30~19:00   場所:JR新宿駅西口
主催:避難の協同センター・キビタキの会・希望のまち東京をつくる会 
   原発事故避難者の住宅確保を支援する江東の会
 
行動内容
・小池東京都知事の定例記者会見が毎週金曜日14時頃よりおこなわれます。記者会見にあわせて避難当事者の緊急アピールを中心に座り込み行動をおこないます。避難当事者と小池都知事に面会を求めていく行動になる為、「避難当事者」主体の行動になる事を理解
ください。与党を動かす行動になる為、安倍政権批判の行動ではありません。配慮願います。
・17:30よりJR新宿西口出口にて街宣行動に取り組みます。市民に広く参加を呼びかけます。避難当事者、避難者グループが発言。飛び入り参加も大歓迎です。
【連絡先】 
 避難の協同センター 03-5225-7213  
     担当 瀬戸 090-1437-3502
https://www.hinan-kyodo.info


子ども脱被ばく裁判より/意見陳述集Ⅰが出ました!ぜひお読みください

(子ども脱被ばく裁判より、下記の意見陳述集が出されました。保護者の陳述には、子どもを必死で守ろうとする生の声が詰まっています。 子ども全国ネット)

http://momsrevo.shop-pro.jp/?pid=115093122

子ども脱被ばく裁判 意見陳述集Ⅰ

行政の不作為によって、無用な被ばくを強いられている福島の子どもたち。

本来、子どもを守るべきなのに、それをしない行政の責任と、

子どもたちが安全な場所で学ぶ権利があることを確認する「子ども脱被ばく裁判」。

本書には、「子どもを守りたい」という一心で、原告となった保護者の子どもを思う気持ちが詰まった意見陳述書です。

「子どもの未来を守りたい」と願うすべての人々に、ぜひ手にとっていただきたい一冊です。


*****************

「はじめに」より抜粋


今、福島の街は「復興」一触に染め上げられています。(中略)

 しかし、子どもの健康を願わない親はいません。不安を抑えようとしても抑えられるものではありません。

このような社会的雰囲気の中で、あえて「子ども脱被ばく裁判」の原告となった子どもたちや親たちの勇気をたたえます。

そして、同時に、その勇気は、私を含むこの国に住む人々に問いかけているのだと自覚したいと思います。

この国のこんな理不尽な政策を許しているのは私たち一人ひとりなのですから。

 最後になりましたが、本陳述集には、国や県の不作為により、子どもの被ばくを回避してやれなかった親たちの後悔の念と、憤り、そして、子の将来を案ずる愛情が詰まっています。


 一人でも多くの方に、彼らの思いを知っていただければ幸いです。


 弁護士 井戸 謙一





2017/03/22

【報道リンクまとめ】3月21日(火)22日(水)

【3月21日(火)】

福島から自主避難、「継続」は8割超 支援打ち切り後も 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK3P4SVSK3PUGTB00D.html

県の「子ども内部被ばく調査」 事業継続の可否、判断へ /岩手 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170321/ddl/k03/040/038000c

被爆医師・肥田舜太郎さん死去、100歳 国内外で反核訴え  東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017032102000106.html

原発避難で嫌がらせ、子ども5人が精神的苦痛 地裁認定 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK3P5H1JK3PUHNB00W.html

群馬)避難の子に嫌がらせや暴言 苦しむ姿、地裁判決に 朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/ASK3P5SQNK3PUHNB015.html?rm=352

農相 「輸入禁止の日本食品販売」の中国報道は事実誤認 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170321/k10010918941000.html


【3月22日(水)】
「福島」の思い、授業で考える 横浜の小中学校が道徳に活用 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017032202000112.html

20キロ圏で「コウナゴ」初水揚げ 南相馬・小高区沖で試験操業 福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170322-158223.php

放射性物質検査の見直し 冷静に対処を=農業ジャーナリスト・青山浩子 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170322/ddm/008/070/104000c

2017/03/20

【報道リンクまとめ】2017年3月18日(土)19日(日)

【3月18日(土)】

内部被ばく影響「極めて小さい」 岩手 10~18歳 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170318_73044.html

<原発避難訴訟>国・東電の主張一蹴 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170318_63026.html

<原発避難訴訟>最大の争点 地裁認定 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170318_63028.html

<原発避難訴訟>予見可能 人災と結論 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170318_63023.html
<原発避難訴訟>少しだけ希望見えた 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170318_63011.html

<原発避難訴訟>「経済的合理性優先」糾弾 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170318_63049.html

原発避難者訴訟 判決要旨 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017031802000133.html

15歳のニュース 福島第1原発事故6年 なぜ起きる?避難者いじめ 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170318/dbg/048/040/014000c

牧之原市ゼリー状安定ヨウ素剤配布 (静岡県) Daiichi TV
http://www.tv-sdt.co.jp/nnn/news88010869.html

放射性物質含む汚泥 新潟・長岡市、県外処分へ YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20170317-OYTNT50079.html

社説 原発賠償判決 国に対する重い警告だ 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170318/ddm/005/070/051000c

原発避難者訴訟 先例となる判断基準提示 “高い壁”越えた意義大きい 群馬 産経新聞
http://www.sankei.com/region/news/170318/rgn1703180070-n1.html

東京五輪:野球・ソフトボールの福島開催決定に懸念の声 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/18/2017031800426.html


【3月19日(日)】

「福島」賠償判決 原子力行政に強い警鐘 北海道新聞
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0111085.html

記者のきもち:1000年後を考える /神奈川 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20170319/ddl/k14/070/082000c

上海市食品管理局「日本からの輸入食品、放射能の基準値は超えていない」Record China
http://www.recordchina.co.jp/b172654-s0-c30.html