2017/05/24

【報道リンクまとめ】5月22日(月)

【5月22日(月)】

NPOが「医療施設」開設 いわきに国内初、6月1日から診療 福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170522-173947.php

県が方針を確認 自主避難者の住宅支援継続 (福島県) 日テレNEWS24
http://www.news24.jp/nnn/news86513170.html

福島第1原発事故の影響で休校した… 毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20170522/ddm/041/040/166000c

平成29年度国家課題対応型研究開発推進事業「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の公募開始について 文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1385989.htm

5/28(日) 東京/肥田先生 追悼上映会

今年の3月にご逝去された肥田先生の追悼上映会が全国各地で開催されておりますが、今週末、渋谷ユーロライブでも開催されます。

鎌仲ひとみ監督作品の「ヒバクシャ」、「内部被ばくを生き抜く」に加え、プティジャン監督作品「核の傷」、「ヒロシマ、そしてフクシマ」肥田先生が出演される作品が一挙に観ることができる上映会となっております。

1部と3部ではそれぞれ鎌仲ひとみ監督の講演もございます。
ぜひ足をお運びください!!

*************************

広島原爆被爆医師 肥田舜太郎先生は 2017年3月20日に100歳で天寿を全うなさいました。
先生のご功績を偲び、肥田先生のドキュメンタリー映画を公開年順に4作品上映いたします。
5月28日(日)一日限りとなりますが、肥田先生の思いやご活動が作品の流れで見られる貴重な機会となります。
鎌仲ひとみ監督、山本顕一プロデューサーのトークショーも予定しております。
初めて肥田先生を知った方も、映画を見逃していた方も、是非この機会にご覧いただけますようお願い申し上げます。

5月28日(日)  <完全入れ替え制>
1部【ヒバクシャ 世界の終わりに】116分(鎌仲監督2003年)10:00~11:56
鎌仲監督講演 11:56~12:25 ⇒パンフレットご購入の方に鎌仲監督のサイン会がございます。

2部 プティジャン監督 ビデオメッセージ 12:45~12:55
【核の傷】53分 (プティジャン監督2006年)12:55~14:15 *二本立て
【3.11以降を生きる:肥田舜太郎医師講演より】27分 (UPLINK製作 2012年)

3部 鎌仲監督講演 14:35~15:05
【内部被曝を生き抜く】80分(鎌仲監督2012年)15:05~16:25

4部 山本プロデューサーご挨拶 プティジャン監督 ビデオメッセージ 16:45~17:00
【ヒロシマ、そしてフクシマ】80分(プティジャン監督2015年)17:00~18:20

*それぞれに肥田先生の功績やお人柄が描き出され、どの映画も本当に素晴らしく、おすすめです。*
一般1300円/学生1000円/中学生以下500円
*予約、前売り一般1200円/学生800円/中学生以下400円
*複数ご覧の方は違った監督作品の選択ですと特色も違い、おすすめです。(一作品につき一般1000円/学生700円)
会場:ユーロライブ(ユーロスペース内) 東急本店前交差点左折 /渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
   http://eurolive.jp/access/
申し込みFacebookイベントページ 肥田舜太郎先生追悼上映会 で検索
       goo.gl/22UK4A
申し込みフォーム goo.gl/P1HQ9V

2017/05/22

【報道リンクまとめ】5月20日(土)21日(日)

【5月20日(土)】

南魚沼の山菜からも基準超セシウム検出 新潟 - 産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/170520/rgn1705200037-n1.html

林野庁「今すぐは対策必要ない」~放射性セシウム最大で9倍上昇――帰還困難区域の山林火災を取材した『民の声新聞』主宰の鈴木博喜氏「行政もメディアも2011年から進歩なし」と断じる 

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/379349

キタムラサキウニ、アワビ来月、追加 相馬双葉漁協の試験操業 福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2017052041741


【5月21日(日)】

北陸ひと模様:被災地の子に安らぎを とんとんキッズプロジェクト実行委員長・林恵子さん/福井 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170521/ddl/k18/040/183000c

土壌のセシウム深さ可視化 JAEA技術開発 上空から放射線測定  福島民報 

6/6(火)東京/おしどりマコ・ケン講演会@専修大学神田キャンパス!

原発関連取材で、プロのジャーナリストも顔負けの活躍!
おしどりマコ・ケン(夫婦漫才コンビ)講演会@専修大学神田キャンパス!

日時:6月6日 (火) 17:00~19:00(16:45開場)
場所:専修大学神田キャンパス  
1・2号館2階204教室 
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html

参加費:無料 
主催:専修大学現代文化研究所

おしどりマコ:鳥取大学医学部生命科学科を優秀な成績で中退し、芸人の道へ。2010年、第4回インターナショナル・Vアコーディオン・コンテスト日本予選 3位審査員特別賞。

おしどりケン:「ケンパル」「けんぱる」と名乗り、針金アート・パントマイム担当、ヨーロッパでも舞台に立つ。
 
夫婦漫才コンビ・おしどりマコ・ケンとして吉本興業に所属。2011年の3.11以降、原発事故関連の取材に取り組む。以来6年間、東京電力の記者会見にほぼ毎回欠かさず出席、鋭い質問で追及し、重要な事実を引き出してきた。現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。2014年、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)に招聘されドイツへ。ドイツの公共放送TV局NDR(北ドイツ放送)でその活動が紹介される。第22回平和・協同ジャーナリスト基金 奨励賞を受賞。フォトジャーナリズム誌DAYS JAPAN編集委員をつとめ、同誌に記事を連載。その活躍ぶりは『NNNドキュメント'17 お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日』(日本テレビ)でも取り上げられた。

2017/05/20

【報道リンクまとめ】5月18日(木)19日(金)

【5月18日(木)】

浪江・十万山の山林火災:林野庁が現地調査 県や専門家と連携/福島 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170518/ddl/k07/040/030000c 

福島←→田辺サマーキャンプ実行委員会代表 菅野明彦さん/和歌山 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170518/ddl/k30/070/404000c

【5月19日(金)】

汚染牧草、「還元処理」試験着手 放射性物質濃度調査へ 登米市 /宮城 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170519/ddl/k04/040/220000c














2017/05/18

6/4(日)東京/被災者の被るストレスと「放射線健康不安」言説 ~島薗進氏の講演と討論

第31回 原子力・エネルギー教育研究会のおしらせ
被災者の被るストレスと「放射線健康不安」言説 ~ 島薗進氏の講演と討論

31回目の6月4日は、東京大学名誉教授で現在上智大学グリーフケア研究所所長の島薗進氏をお招きすることにしました。島薗氏はご専門が宗教学や生命倫理ですが、3.11以降、ご自身のブログで放射線のリスクを巡る様々な言説を批判的に検討する深い問題提起を続けてこられ、2013年2月に「つくられた放射線『安全』論―科学が道を踏みはずすとき」(河出書房新社)を出されました。

その出版後も、氏は事故後の放射線健康影響の専門家の言動に対して、とりわけ「放射線の身体的健康は無視できるほどのものにすぎず、『過剰な不安』こそが問題なので、それをなくすためのリスクコミュニケーションに力を入れるべきだという論と政策に対して、多くの論文で批判を続けています。その一端は『科学不信の時代を問う--福島原発災害後の科学と社会』(共編)、合同出版、2016年5月にもまとめられていますし、近く発行される『環境と公害』誌(岩波書店)にも「被災者の被るストレスと「放射線健康不安」を書かれています。

今回は氏のお話をお聞きし、その後参加者と対話する時間を十分取ります。皆様のご参加をお待ちしています。

と き : 2017年6月4日(日) 13時から17時まで
テーマ : 被災者の被るストレスと「放射線健康不安」言説
講師  : 島薗進 東京大学名誉教授、上智大学グリーフケア研究所所長
ところ : 東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター2F会議室
      正門を入りすぐ左折、少し進みその右手にある芸術・スポーツ科学系研究 2号棟
資料代 : 500円
事前申し込み : 不要
原子力・エネルギー教育研究会
 [呼びかけ:梅原利夫(和光大)小寺隆幸(元京都橘大学)子安潤(中部大学)坂井俊樹(開智国際大学)三石初雄(帝京大学)山田綾(四天王寺大学)]
問い合わせ 小寺隆幸 kodera@tachibana-u.ac.jp

2017/05/17

【報道リンクまとめ】5月16日(火)17日(水)

【5月16日(火)】

<原発事故>自主避難者の実態把握を 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170516_71007.html

林野庁 福島 浪江町の大規模山火事の影響を調査へ NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010983381000.html

<避難解除>来春教育再開へ前進 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170516_61001.html

原発避難いじめ 男子生徒、市長と面会へ 申し入れ書提出 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170517/k00/00m/040/059000c

風評払拭 GAP取得日本一へ 福島県 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170516_61004.html


【5月17日(水)】

甲状腺エコー検査 28日、日立・受診者募集 /茨城 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170517/ddl/k08/040/143000c

汚染土を防潮堤などに再利用、環境省が実証実験 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170517-OYT1T50058.html

甲状腺エコー検査 28日、日立・受診者募集/茨城原発事故後の売り上げ減少に賠償命じる 仙台地裁 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170517/k10010985251000.html

神奈川/福島の子どもたちの被ばく防ぐ 放射線測定の取り組み報告 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201705/CK2017051702000171.html

放射線授業は不適切 辰巳氏 団体の中立性問題 赤旗新聞
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-05-17/2017051704_06_1.html

福島県が環境放射線モニタリング調査 相双地域の6海水浴場
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170517-172579.php

被災少女、地域に勇気 市民集会、堂々と経験語る 市川・光円寺で安らぎと笑顔/兵庫
 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170517/ddl/k28/040/410000c